テレマティクス保険

テレマティクス保険とは

テレマティクス保険とは、「電気通信」と「情報通信」の技術によって生まれた端末で運転情報を保険会社側がキャッチし、自動車保険の保険料に反映させている自動車保険を意味します。

これまでに自動車保険は被保険者の免許証の色や等級、車両などの情報を使って保険料を算出していましたが、テレマティクス保険では一歩踏み込み、実際の運転中の情報を保険会社側が取得し、分析した事故リスクに関しても加味して保険料を算出します。

テレマティクス保険のメリット

従来の自動車保険よりも実際の運転情報を加味するテレマティクス保険では、どのようなメリットがあるでしょうか。

自動車保険の加入者側のメリット

テレマティクス保険では、走行中のデータが保険会社側に送られ、分析されるため、運転者の運転中の特徴や注意力について可視化されます。

これまでよりも的確に事故リスクが分析されるようになるため、運転者は自身の運転について今一度立ち止まって分析できるようになり、安全運転を心がけるようになります。
また、安全運転がダイレクトに「保険料」に影響するため、安全運転がもたらすメリットを深く実感できるでしょう。

保険会社側のメリット

保険会社側は従来よりも事故リスクの分析がしやすくなるため、保険料によって契約者を選別できるようになります。
保険会社としては、「事故リスクが低い契約者」を募りたいと考えるため、テレマティクスで得られた情報で事故リスクが低い方を、保険料を通して優遇できます。
すると、優良ドライバーが多く加入してくれるようになるため、事故リスクが多い契約者を結果として減らせるようになります。

テレマティクス保険の問題点とは

テレマティクス保険の問題点は主に2つです。

まず1つ目は、「情報の取扱い」についてです。
従来の自動車保険よりも、保険会社側は個人に関する情報を多く取得できるようになります。
運転者の運転の傾向や事故リスクなど、センシティブな情報を多く取得するため、情報漏洩が起きないように、徹底管理する必要があるでしょう。

2つ目は、「保険料リスク」です。
自動車保険を契約するにあたっては、少しでも保険料を節約したいと考えるものです。
保険料を節約する方法には、事故リスクの低い車両を選んだり、無事故を続け毎年1つずつ等級を上げて保険料を節約する、補償を常に見直すことなどが考えられます。

しかし、テレマティクスのデータで危険度のある運転者とみなされてしまうと、等級が高くゴールド免許の方であっても保険料が高くなる可能性があります。
どうすればテレマティクスで安全とみなされる運転になるのか、事故リスクを下げるためにも知っておく必要があるでしょう。
テレマティクス保険の普及が進むなら、運転者がきちんと「安全運転」を学び直す機会が必要です。

オススメの記事

【ゴールド免許】について詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にして下さい。
ゴールド免許と自動車保険の関係性

 バイク保険STATION
バイク保険の比較サイト

特集記事

引受保険会社