車外危険担保

車外危険担保とは

自動車保険の中の補償の1つ、人身傷害保険には「車外危険担保」という特約があります。
車外危険担保とは、ご友人などの他者の車両に搭乗中や歩行中に巻き込まれた自動車事故に関しても、補償を行うものです。
人身傷害車外危険補償特約などの名称で呼ばれることもあります。人身傷害保険は車内のみにおける補償、もしくは車内・車外の両方の補償のいずれかを選ぶことにより、保険料が変わります。
車外における補償範囲は各保険会社によって異なっているためご注意ください。

車外における事故はどこまで補償されるのか

人身傷害保険は自動車保険において、被保険者やその家族の身体について補償を行う部分です。
自賠責保険は被害者救済の視点で補償が行われるものであり、運転者自身のケガなどについては補償を行っていません。そこで、「人身傷害保険」に加入しておくことで、自身の補償をしっかり用意しておく必要があります。
人身傷害保険では「車内のみ」、「車内+車外」と2つのパターンから補償内容を選べます。
では、車外における事故はどこまで補償が行われるでしょうか。

オススメの記事

【人身傷害保険】について詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にして下さい。
人身傷害保険ってどんな保険?

車外危険担保の補償範囲(車内のみ補償との比較)

契約車両搭乗中の
自動車事故
契約車両以外に
搭乗中の自動車事故
歩行中・自転車走行中の
自動車事故
車内+車外
車内のみ××

車外危険担保を付帯していると、歩行中や自転車走行中に巻き込まれた自動車事故についても、人身傷害保険から補償を得られます。
過失割合を争うようなケースでも、人身傷害保険からの支払いは影響を受けずに支払われるため安心です。

車外危険担保の補償対象者

人身傷害保険は記名被保険者、記名被保険者の配偶者、記名被保険者またはその配偶者の同居の親族、記名被保険者またはその配偶者の別居の未婚の子を補償します。
つまり、家族が別の自動車保険契約の中で、車外危険担保の補償を用意している場合、重複となる可能性があるためご注意ください。重複しても二重に保険金が支払われることはありません。

補償が受けられないケースに注意を

歩行中などの自動車事故に関しても補償を行ってくれる車外危険担保ですが、補償が受けられないケースもあります。
たとえば、友人の車両を運転中に起こした事故では補償が得られますが、ご家族の車両を借りている時に起きた事故に関しては、家族の車両は対象外となるため補償されません。

また、車外危険担保が補償しているものは「自動車事故」です。歩行中に転倒した事故、自転車で電柱にぶつかった事故などは単独事故であり自動車事故ではありません。
また、社用車や二輪バイク(※)、記名被保険者が法人の場合は、車外危険担保は付帯できません。

(※)二輪バイクの補償については補償を行う保険会社もあります。
ただし、バイクの所有者によっては補償が行えないため、必ず約款をご確認ください。

お得なキャンペーン実施中!

特集記事

ネット型自動車保険【引受保険会社】

人気・おすすめの自動車保険会社ランキング