他人が運転中に事故が起きた場合、保険は適用されますか?

他人が運転中に事故が起きた場合、保険が適用されるかどうかは、自動車保険の種類と補償内容によって異なります。

自賠責保険は、自動車損害賠償保障法(自賠責法)ですべての自動車に加入が義務付けられている保険です。他人を死傷させた場合の損害に備えているもので、被害者救済の役割があります。

任意保険は、自賠責保険の補償内容に加えて、より手厚い補償を追加することができる保険です。
主な補償内容は、以下のとおりです。

  • 対人賠償保険
    他人を死傷させた場合の損害(対人賠償)を手厚く補償する
  • 対物賠償保険
    他人の自動車を損壊させた場合の損害(対物賠償)を手厚く補償する
  • 人身傷害保険
    被保険者やその同乗者が事故でケガをした場合の損害(人身傷害)を補償する
  • 車両保険
    自分の自動車が事故で損壊した場合の損害(車両)を補償する
  • ロードサービス
    事故や故障で自動車が動けなくなった場合に、レッカーサービスや代車の手配などをしてくれる
オススメの記事

【任意保険】について詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にして下さい。
任意保険とは?加入するメリットや補償内容、利用例を解説

他車運転特約とは

任意保険の補償内容のうち、「他車運転特約」に加入していれば、他人の車両を運転中に事故を起こした場合でも、自分の任意保険が適用できます。

他車運転特約に加入していない場合、他人の車両を運転中に事故を起こした場合は、車両所有者側の任意保険の使用が必要です。
他車運転特約に加入する際には、対象車種などの制限があるため、事前に確認するようにしましょう。

お得なキャンペーン実施中!

特集記事

引受保険会社