自動車保険STATION

車を買い替えた時の自動車保険の手続きは?

車を買い替えたら、自動車保険の「車両入替」手続きをお忘れなく!

今乗っている車から、別の車に買い替えをしたら自動車保険では「車両入替」という手続きが必要です。
今まで保険の対象となっていた車両のままにしておくと、補償の対象にならなくなってしまうので、速やかに変更の手続きをしましょう。
では、どのように変更の手続きを行えば良いのでしょうか。
自動車保険は加入中に車を買い替えたり、補償内容を変更したりすることが出来ます。
「異動」と呼ばれており、加入者が自分で手続きをする必要があります。
保険会社側は契約者が車両入替したことは、ディーラーや車の売却者から知ることはありません。

代理店や会社を通して自動車保険に加入している場合は、買い替えるタイミングで速やかに異動の手続きを申し出てください。
必要書類などを指示してくれます。また、注意が必要なのはネットで加入している自動車保険です。
ネット保険の場合は自分で異動の手続きをサイトで入力する必要があります。
手続き漏れの方が時々居られますので、忘れないように注意しましょう。
事前に納車が決まっている場合、異動の手続きはどのタイミングが良いのでしょうか。
車両入替の手続きは、「納車の前」がベストです
納車されてすぐに乗る場合、補償が適用されている必要があります。
異動の手続きは変更日を未来の日付に設定することが可能です。
また、納車日が急に早まった場合はその日に異動の手続きをすることも可能です。
うっかり納車後に異動の手続きを行う場合、納車後30日以内という期限がありますので、この猶予期間内に手続きを終えてください。

車両入替のタイミングで事故が起きたらどうする?

車両入替のタイミングで、もしも事故が起きたらどのように保険会社は対応するのでしょうか。
車両入替後の車の異動手続きが、「新しい車両の取得日が30日以内に完了していること」、「入れ替え後の車は新しい車であること」を条件に、補償は行われます。
但し、事故が起きたら既に車両入替が発生している事実を速やかに事故担当者に申告しましょう。
車両入替後のタイミングの事故は、あくまでも車両入替後の新しい車両のみカバーできます。

車両入替の異動手続き後にも、元々乗っていた車も継続して乗る場合には任意保険が無保険状態になっていないか確認しましょう。
自賠責保険のみですと補償は不十分です。
速やかに新規の自動車保険に加入する、など無保険を防ぎましょう。

車両入替は補償を見直すチャンス

自動車保険で車両保険の手続きをする際には、「補償の見直し」のチャンスです。
特に古い車から新車へ替える場合には、「車両保険」 の見直しを行いましょう。
新しい車の車両価格やカーナビなどの車載品などを目安に、車両保険の価格を適正なものへ変更しておきましょう。
古い車両の車両保険金額のままですと、万が一の事故の際に十分な補償が得られなくなってしまいます。
また、車両入替を機会に運転者が変わる場合には、年齢条件の変更や特約の見直しも行いましょう。
今まで車両保険は付帯していなかった場合は、保険期間の途中でも新規で付帯することもできます。
車両入替の異動手続きの際に同時に行うようにしましょう。
せっかく新しいお車になるのですから、その他の補償内容も適正かどうか見直すことが大切です。

車両入替の手続きを自分で行うには何が必要?

自動車保険の車両入替は、加入者がご自身で行う必要があります。
次の書類を用意して手続きを行いましょう。まず、新しい車の車検証を用意しましょう。
まだ車検証が無い場合には、売買契約書などを用意します。
車両入替には新しい車の情報として、型式や初度登録の日付、車台番号やナンバーが必要です。
中古車両へ車両入替を行う場合には現在の積算距離(車の運転席にあるオドメーターにカウントされています)を入力しましょう。
納車日を異動日に設定すれば完了です。代理店や会社を経由してお手続きの場合には、書類を用意して申告しましょう。
ネット保険の場合は変更手続き画面に進めば簡単に終わります。
新しい車両の車検証コピーの提出を求めるネット保険もあるので、指示に従って送付しましょう。
車両入替の内容や、同時に見直す補償によっては保険料の増減があります。
既に年払い契約で保険料を一括払しているケースでは、追加で保険料を支払う場合や、ご登録の口座へ保険料の返金があります。
分割払の場合は月々の保険料で増減を調整します。

車両入替と新車割引のしくみ

車両入替で新車に車両入替をした場合、新たに新車割引が適用されて保険料が安くなることがあります。
新車割引とは新規に車が登録されてから、49か月以内に適用されます。
この際対象となる車種は限定されているので、新規割引を使いたい場合は各加入先の保険会社に確認しておきましょう。
また、割引率は等級によっても異なるので、新車に入れ替える際に確認しましょう。車の登録、とは車検証に掲載される初度登録年月が起点です。
中古車での購入の場合はすでに49か月以内を超えている場合もあり、新車割引が適用にならないこともあります。

監修:岩田あき

経歴:大手損害保険会社に勤務後、弁護士事務所で秘書として交通事故訴訟の調査に従事