自動車保険STATION

対物賠償責任保険

対物賠償責任保険とは

対物賠償責任保険とは、事故の際に相手方の車両はもちろんのこと、他者の民家や電柱などを壊してしまった際にも補償する保険です。
自賠責保険は人への補償しか行わないため、物への賠償責任を果たすためには任意保険の対物賠償保険を使う必要があります。

自賠責保険は強制保険であり加入が必須です。しかし、自賠責保険はあくまでも被害者救済を目的とした補償しか行いません。
事故の相手方の車両はもちろんのこと、事故のはずみで飛び込んでしまったコンビニエンスストアや電柱の修理費用、倒してしまった信号機の補償などは自賠責保険から一切支払われないのです。
つまり、高額の修理費用が発生した場合には、自身がしっかりと賠償責任を果たす必要があります。
しかし、高額の請求が発生した場合には到底支払うことができない可能性があります。
そこで、物への賠償に備えているのが、「対物賠償保険」なのです。

対物賠償保険の特徴として、自損事故など必ずしも相手方がいる事故ではなくても補償を保険会社側が行ってくれるところが挙げられます。
近年多発する発進とバッグを誤ったことによる店舗への急発進や、踏切単独事故による鉄道会社の営業損害、修理費用なども対物賠償保険が補償できます。

対物賠償責任保険も対人と同様に無制限が基本

対人賠償責任保険の場合は自賠責保険も使うことで賠償額を下げることができますが、先に触れたように自賠責保険は物への補償は一切行いません。
つまり、店舗などへの損害が発生した時点で、自らが賠償責任を速やかに果たす必要があるのです。
任意保険に加入していれば、保険会社が示談交渉はもちろん、支払いに関しても対物賠償責任保険から行います。
営業損失への支払いや店舗の修理費用などを考えると、対物賠償責任保険も対人賠償責任保険と同様に無制限で加入をすることが基本です
しかし、保険金支払いはあくまでも時価額の評価であるためトラブルや訴訟となる可能性もあります。

こうした高額の支払いトラブルに備えて「対物超過修理費用特約」という特約を付帯する方法もあります。

対物超過修理費用特約とは

対物超過修理費用特約とは、対物全損時修理費用差額特約とも呼ばれているものです。
相手方の車両の修理費用によっては時価評価が低く、相当に低い金額しか支払えない場合があります。
しかし、時価額での支払いに納得せずに相手方とトラブルとなる場合もあります。
やむを得ず契約者が修理費用の差額を負担せざるを得ない場合もあるのです。
こうしたケースに備え、対物超過修理費用特約に加入しておくと時価額による保険金支払いにプラスする形で、最大50万円を支払うことができます。
法律上の賠償責任は時価額評価となりますが、円満な解決を目指すためにこうした特約をプラスしておくことで早期の示談成立が目指しやすくなります。