自動車保険STATION

対人賠償責任保険

対人賠償責任保険とは

対人賠償責任保険とは、事故の際に相手方のケガや死亡に関して補償するものです。
第三者を補償するものであり、記名被保険者やその家族、使用人を補償するものではありません。
高額の賠償額に備えて、無制限にて加入することが一般的です。

自動車保険は強制保険である自賠責保険では補いきれない賠償部分をカバーする役割があり、任意保険とは言っても車両所有者なら高確率で自動車保険に加入していることが一般的です。
自動車保険は相手方の車両やお身体の部分について補償をする「対人・対物」が契約の要となっています。
特に「対人」と呼ばれる「対人賠償責任保険」は自動車保険加入時に必須とされており、保険料を節約したいと考えても対人賠償責任保険を削ることはできません。
対人賠償責任保険は補償に限度額がある自賠責保険を大きく上回る補償を行うものであり、自動車保険に入る意味は対人賠償責任保険にアリ、と言っても過言ではないのです。

なぜ対人賠償責任保険は必須なのか

自動車保険の契約内容を決める際にはまず対人・対物部分の補償内容を決めるところから始まります。
今回解説する対人賠償責任保険は「事故の相手方」を補償するものであり、自身のケガを補償するものではありません。
また、以下のような方々は記名被保険者が起こした事故の被害者側であっても、対人賠償責任保険からの補償は得られません。

【対人賠償責任保険の補償対象外】
記名被保険者
記名被保険者の配偶者
記名被保険者または配偶者の同居の親族
記名被保険者または配偶者の別居の未婚の子
記名被保険者の業務に従事中の使用人

あくまでも事故の相手方となった第三者を補償するものであり、上記のように家族や近しい間柄である使用人は該当しないのです。
時々起きてしまう、自宅駐車場内で家族をはねてしまうような死亡事故も対人賠償責任保険では補償されません。

ではどうして対人賠償責任保険は必須なのでしょうか。
事故による相手方への損害は、ケガの内容などによっては億単位の支払いをする必要があり、高額の支出に備えておく必要があるからです。

事故によっては高次脳機能障害をはじめとする重度の後遺症が相手方に残ってしまうケースもあります。
そして、重度の後遺症は決して珍しいトラブルではありません。

対人賠償責任保険は無制限が基本

自賠責保険は死亡・後遺症については最大でも3,000万が補償限度額(後遺症の内容に寄っては4,000万)であり、充実した補償を相手方へもたらすものではないのです。
そのため、重度の後遺症や死亡事故の場合は補償額を争うために訴訟に移行することが多く、驚くほど高額の賠償額が判決で言い渡されることもあります。
対人賠償責任保険は自賠責保険の不足分をしっかり補うためにも、億単位の保険金額もしくは「無制限」を選択します。
一般的には保険金額は無制限を選択し、高額の賠償金に備えることが一般的です。