自動車保険STATION

使用目的

使用目的とは

自動車保険における使用目的とは、契約する車両をふだんどんな目的で使っているのか3つの区分の中から選択して答えることを意味します。
使用頻度が多い「業務使用」は最も保険料が高く設定されており、以下順に「通勤・通学」や「日常・レジャー」が用意されています。
自身の使用状況にあった内容を選択しましょう。

自動車保険に加入しようとすると、「使用目的」を選択するように指示を受けます。
自動車を所有している方は移動の手段として車を利用していますが、使用の目的は人によって異なります。
ちょっとしたお出かけ用のために所有している場合もあれば、毎日の通勤のために所有している方もいるのです。
車の使用頻度によって自動車保険の支払いリスクは変動するため、保険会社は契約時に何の目的で車を使用しているのかを確認しています。
使用目的は告知義務に該当するため、虚偽の申告をしてはいけません。
使用目的には下記3つの区分があります。

日常・レジャー目的

毎日のちょっとしたお出かけ、子どもの送迎、週末のおでかけのみに車を使っている場合は「日常・レジャー」と呼ばれる使用目的を選択します。
3つある使用目的の中でもっとも車の使用頻度が少ないと考えられるため、保険料も一番安く設定されています。

通勤・通学目的

車社会である都市郊外、地方では自動車の使用目的に「通勤・通学」を選択することが多いでしょう。
通勤・通学には1つの目安があります。
「1年間のうちに月に15日以上の頻度で通勤や通学に使用する」場合は使用目的も通勤・通学を選択しましょう。
日常・レジャーよりは保険料がやや高く設定されています。

ご家族で暮らしている場合、1つの車両を複数の目的で使う場合も想定されます。
例として、母親は週末にレジャーや買い物のために乗車し、子は同車両を平日のみ通学のために使用している場合、などが挙げられます。
この場合、使用目的は使用頻度が高い方に合わせるため、通勤・通学を選択します。

業務目的

1年間のうち月に15日以上、業務を目的に使用している場合は、使用目的は「業務目的」を選択します。
業務使用の車両は3つの使用目的の中でも一番事故リスクが高いと考えられるため、保険料は高くなります。

使用目的が変わったら、保険契約期間中でも保険会社に伝える必要がある

保険契約期間中に退職して通勤しなくなったり、業務使用していたが転職により車両を使わなくなった、等の場合には保険契約期間であっても使用目的は変更することができます。
使用目的は現在のご状況に合わせて保険会社側に伝える必要があります。
通勤や業務使用の使用目的から、日常・レジャーに変更がある場合、年払い契約だった場合には保険料は返礼される可能性もあります。

一方で保険期間中に日常・レジャーのために使っていた車両を進学や就職などによって使用目的が変化する場合も保険会社に伝える必要があります。
この場合保険料が上がることが多いでしょう。事故時には必ず使用目的について確認されます。
告知義務違反とならないようにするためにも使用目的に変化があったら必ず手続きをしましょう。