自動車保険STATION

自動車保険を申込んで、どの位経てば保険が適用されるの?

自動車保険を申込んで、どの位経てば保険が適用されるの?

新たに自動車を購入する際は、引き渡し当日には、自動車保険の補償がスタートしている必要があります。
また、自動車保険会社を変更する際は、現在加入している保険会社の契約期間が終了する直後には、更新後の保険会社の補償がスタートしている必要があります。
新たなに保険を契約する際、補償がいつからスタートするのか?というのは意識すべき大切なポイントの1つです。
そこで、今回は、自動車保険の申込手続きから補償開始するまでタイミングについて解説します。

自動車保険を申込んで、どの位経てば保険が適用されるの?

自動車保険の申込みから保険適用開始までのタイミングは、保険の加入タイプによって異なります。
加入タイプは大きく分けて、カーディーラー・保険ショップなどを通じて加入する代理店型と、インターネットで直接申し込み手続きを行うネット型があります。
代理店型とネット型の保険適用タイミング、また、申し込み手続きの特徴についても解説していきます。

1)代理店型は当日、ネット型は最短でも翌日

申込み後の保険適用のタイミングは、代理店型が最短で当日(申し込み開始後すぐ)、ネット型は最短で翌日です。
代理店型のほうが、ネット型よりも早く保険の適用が開始します。

@ 代理店型

代理店型は、保険会社との委託契約によって保険会社の代理人として保険契約を締結する権限が与えられています。 そのため、カーディーラー・保険ショップなどの代理店を介した自動車保険契約は、最短で申し込みをした当日から保険適用をスタートさせることが可能です。 これは、代理店型の保険加入手続きは、基本的に直接対面で行うことから、一定のモラルリスク(不正請求や保険犯罪など)も防止・排除できることなどが理由に挙げられます。

A ネット型

一方、ネット型は、良くも悪くもインターネットで簡単に手続きができてしまいます。
そのため、アフターロス請求(事故が起きた後に保険加入し保険金を不正請求すること)なども起こりやすく、このようなモラルリスク防止・排除の観点などからも、保険適用は最短で翌日としています。
また、申し込みをした時間によっては、翌日ではなく、翌々日から適用としている保険会社もあります。

2)ディーラー代理店で契約手続きを行うのが最もスムーズか?

初めて自動車を購入し、初めて自動車保険契約を行うという人は、その自動車を販売しているディーラー営業マンに保険加入手続きも一緒に依頼するのがスムーズです。
ディーラー営業マンは多くの人が自動車保険の販売資格を持っていますので、車の引き渡しのタイミングに合わせて、保険契約に必要な情報・資料を揃えてくれるサポートを行ってくれます。
また、保険の申込みのために何が必要なのか・どんな手続きが必要なのかを事前に説明してくれます。
そして、自動車の引き渡しの日にディーラーへ来店し、その場で30分から1時間程度で保険の申込み手続きを行えば、その場で契約が成立し、補償もスタート。
すぐに安心して新しい自動車を運転することができます。
代理店型は、ネット型よりも保険料が割高とされていますが、保険契約の手続きの煩わしさを省略するためにディーラー代理店から自動車保険に加入している人は多くいます。
さらに、事故や故障に遭った際は、保険契約の内容に合わせて修理・サービスの相談にも乗ってくれるケースもありますので、ディーラー代理店はカーライフ全体をサポートしてくれる心強い存在と言えるでしょう。

3)ネット型はセルフサービスだが保険料が割安

ネット型自動車保険の申込み後の保険適用のタイミングは、最短で翌日です。 また、手続きを行う時間帯によっては、最短でも翌々日からとなる保険会社もあります。
早さと言う点においては代理店型に劣りますが、それでもほんの1日・2日の差。 よほど切羽詰まった状況でなければ、代理店型と大した差があるとは言えません。
ネット型は、代理店を介さない“セルフサービス”のようなものなので、代理店型に比べれば保険料も割安です。
パソコンやスマホなどで簡単に見積もりをとることもできるので、代理店型からネット型に切り替えたという人も増えています。
ただし、“セルフサービス”なので、契約の手続きは自分自身で行う必要があります。
新車を購入する場合は車検証や車検証の載っているような情報をディーラーから事前に取り寄せるなど、必要な書類・情報をすべて自分で揃える必要があります。
また、保険の補償プランも自分で判断しなければいけません。
保険契約を急ぐあまり、適当に保険料の安い補償プランを選んでしまい「いざという時に補償されなかった」といったことのないよう注意が必要です。

自動車保険の手続きに必要な書類・情報は?

自動車保険は、自動車がまだ手元になくても契約手続きを進めることが可能です。
また、代理店型であれば最短で当日、ネット型は最短で翌日に補償がスタートします。 ただし、これは大前提として、必要な情報が揃った上でのお話です。
一般的に、自動車保険を契約する上で必要となる情報・書類などは、下記の通りです。

1)必要な情報

●初度登録年月(軽自動車の場合、初度検査年月)
●車の型式・車名
●登録番号(ナンバープレート)
●車台番号
●車両所有者
●車両使用者
●積算距離計(オドメータ)の数値

2)手元に必要な書類

●車検証(ネット型は提出不要となる場合も)
●現在の自動車保険の保険証券情報(他損保から切り替えの場合)
※他にも、対面による契約手続きの場合には、免許証や印鑑などの持参を求められる場合もあります。

3)他社へ変更の場合は、解約手続きも忘れずに

現在加入している自動車保険会社から他社へ変更手続きをする場合は、新規加入手続きとともに、契約手続きも忘れてはいけません。
現在加入している保険会社に「解約する」という意思を伝えて、解約手続きを完了させなければ、契約は自動更新され、保険料は引き落としされてしまう可能性があります。
また、解約手続きをする際は、契約期間が終了となる日時を、予めしっかりと確認しておく必要があります。
新たに加入する自動車保険の補償の開始日時が始まる前に、無保険の期間が出来てしまわないよう注意してください。

契約直後に事故・故障を起こしたら?

保険契約の手続きが完了し、無事に補償がスタートした以降は、当然のことながら、事故・故障が発生しても保険は対象となります。
しかし、補償開始スタート直後の保険事故発生は、契約者側にとって不都合となるケースがあるのも事実です。

1) 契約未反映時、保険会社の対応は?

ディーラー代理店に限らず、保険ショップや保険を専門に扱うプロ保険代理店などの代理店型で加入手続きをして、代理店担当者が保険会社のシステムに計上作業を行えば、最短で当日その場で契約が成立します。
ただし、この時点では、手続きを行った契約情報は、保険会社のデータベースに反映されていません。
保険会社の営業日(平日の9−17時など)に、保険会社が契約情報を確認して、必要に応じて車検証の情報などの確認をした上で、保険会社のデータベースに反映されます。
つまり、保険加入の希望者が保険契約の手続きをしてから、その情報が保険会社のデータベ―スに反映されるまでには、数日間の時間差が発生します。
そのため、もし保険加入者が、この期間に事故・故障を起こして保険会社のコールセンターに問い合わせを行った場合、保険会社には契約者情報が反映されていないという可能性があります。
保険会社は、契約者情報がデータベースに無ければ、「レッカーをしてください」と言われても対応してくれません。
このような状況を避けるためには、保険会社ではなく加入をした保険代理店に直接連絡をして対応を依頼する、もしくは、契約手続きの際の控え情報(証券番号・契約内容・契約期間など)を手元に持っておくなどの対策が必要です。

2) 保険会社は、不正請求ではないか調査をする場合も

新たに保険契約をして、その直後に事故や故障などが発生した場合、保険会社は、適正な保険金の支払いの観点からアフターロス請求(事故が起きた後に保険加入し保険金を不正請求すること)の可能性を疑います。
保険会社は、リサーチ会社に詳しい調査を依頼したり、保険契約者に詳しい状況を再び確認したり…という通常とは異なる段取りを踏む必要があるため、「すぐに保険金が支払われない」もしくは「保険金が支払われない」といったケースに発展する場合もあります。
事故・故障はいつ発生するか分からないので未然に防ぎようがないケースもありますが、保険の新規契約にはこのようなトラブルがあることも知っておいて損はありません。

自動車保険は、余裕を持って早めの手続きを!

自動車保険は、必要な書類・情報などが揃えば、最短で当日もしくは翌日などには補償が開始します。
しかし、必要な書類・情報などを揃えるのに時間がかかってしまう場合は、自動車に乗りたいタイミングに合わせて補償をスタートさせることができない可能性もあります。
その場合、手元にある車は、“無保険車”の状態になるので注意が必要です。
ちなみに、「臨時的に乗るのであれば、1日自動車保険を契約すれば良いのではないか?」と思う人もいるかもしれませんが、1日自動車保険は、自分自身が所有する車は保険対象とすることができません。
自動車保険は、代理店型で加入するにせよ、ネット型で加入するにせよ、時間の余裕を持って早めの手続き・相談を行いましょう。