自動車保険STATION

1日だけの自動車保険はお得?

1日だけの自動車保険は、ちょっとだけ乗りたい人向けです。

自動車保険は一般的に1年契約として販売されていることが多い商品です。
しかし、ユニークな1日だけ加入できる自動車保険も販売されています。
気軽に加入できる1日だけの自動車保険は、どんな人向けに販売されているのでしょうか。
1日だけ自動車に乗りたい、というケースには、「友達の車を1日だけ借りる」「実家に戻った際に親の車に乗る」など、気軽に少しだけ乗りたい方向けに販売されています。
1日だけの加入なので保険料も800円から販売されており、かなりお安く設定されています。
特に1日だけ加入できる自動車保険はレジャーシーズンになると加入が増える人気商品です。
予定はしていなくても、レジャー先で友達の車をちょっとでも運転する可能性があったら、万が一の事故に備えて加入しておきましょう。

1日だけの自動車保険はどうやって加入できる?

1日だけの自動車保険はどうやって加入できるのでしょうか。
通常の自動車保険は保険代理店での手続きや、ネット保険のサイトで細かい情報を入れることで加入できます。
1日だけの自動車保険の場合はもっと気軽に加入できるようになっており、スマホやコンビニからでも加入できます。
保険手続きは面倒なイメージがありますが、コンビニに備え付けてあるマルチコピー機の簡単操作で入れる商品もあるので、通常の自動車保険より簡単に加入できます。

1日だけの自動車保険のプランってどんなものがある?

自動車保険には様々な商品がありますが、1日だけの自動車保険にもバリエーションがあります。
一番お安く加入できるエコノミープランは1日だけの自動車保険を販売している保険会社は各社ともに24時間あたり数百円程度で販売されています。
通常の自動車保険同様、対人・対物は無制限で加入でき、ご自身も同乗者の補償もカバーしています。
ロードアシスタンス特約も付帯されているので、レッカーが必要になった場合も安心です。
乗ることになった当日から補償できるので、必要に応じてサッと加入できる手軽さです。
スタンダートプランは保険会社によって保険料に違いがあります。1000円から2000円程度の保険料です。
スタンダートプランは「借用自動車の車両復旧特約」が付帯されているものがあります。
これは車両保険に相当し、借りたお車の修理費用や代替車両の購入費として支払われます。

貸してくれた方の車両保険を使わずに済みます。
車両保険は使用すると等級ダウンにつながってしまうので、借りる際には付帯された内容にしておくのがマナーです。
さらに補償内容を充実させたプレミアムプランもあり、弁護士費用特約や代車費用特約など各社によって差異がありますがお得な特約が付帯されています。
スタンダートプランやプレミアムプランは各保険会社によって補償の内容も保険料も異なっているので、確認の上加入しましょう。

1日だけの自動車保険のメリット・デメリットは?

1日だけ加入できる便利な自動車保険には、メリット・デメリットはあるのでしょうか。
まずメリットですが、気軽に加入でき、借りる相手に迷惑をかけずに安心して運転できる、という点です。
数百円程度でしっかりとした補償があるので、お守り代わりに加入できます。
急きょ運転する際にもスマホで10分程度あれば加入手続きが出来ることも魅力的です。
また、1日だけの自動車保険を繰り返し無事故で利用すると、後日はじめて契約する通常版の自動車保険に割引が適用される商品があります。
無事故で安心できるドライバーとして、保険料が数万円も割引になるケースがあります。
いずれは自分の車を購入するかも、と思っている方は今後のことも踏まえて契約することがおすすめです。

では一方でデメリットはあるのでしょうか。
繰り返し1日だけの自動車保険を使用することがあっても、等級制度が適用されていないので次年度に割引がなされることはありません。
また、レンタカーには適用が出来ないので注意が必要です。
また、任意保険が切れており、自分の車を運転したいために1日だけの自動車保険に入ろうとするケースもあります。
しかし、運転者本人名義や配偶者所有の車は加入できません。

任意保険に加入しているなら不要です

現在ご自身の車を所有しており、任意保険にも加入している場合には1日だけ自動車保険への加入は不要です。
でもご友人の車を借りるから、という場合には「他車運転危険補償特約」があれば大丈夫です。
他車運転危険補償特約(他車運転危険担保特約の名称もあります)とは、友人やレンタカーを借りた際に事故を起こしてしまった場合、自分の保険から修理費用や相手方の治療費を支払う仕組みです。
もちろん、自分の任意保険から支払うので車を貸してくれた方の等級はダウンしません。
自分の任意保険だけが次年度3等級ダウンします。
ただし、自分の加入している任意保険に車両保険がない場合には車両の修理費用などが支払えません。
また、停車中や駐車中の事故は対象外にしている保険会社もありますので、加入先の保険会社における利用条件を確認しましょう。
また、車を借りて乗る際は、自分の加入している任意保険を見直しすることを怠らないようにしましょう。

監修:岩田あき

経歴:大手損害保険会社に勤務後、弁護士事務所で秘書として交通事故訴訟の調査に従事