自動車保険STATION

新車割引

新車割引とは

新車割引とは自動車保険に用意されている割引の1つです。
自動車は新車であればあるほど最新機能の搭載されており、事故リスクも低いという統計結果があるため、多くの保険会社が新車割引を用意しています。
割引率や対象車両などは保険会社によって異なるので注意が必要です。

自動車保険には各保険会社によって内容は異なりますが、さまざまな種類の割引が用意されています。
中でも車両についての割引として知られているのが「新車割引」です。
では、どうして新車は保険料の割引対象になるのでしょうか。現在日本における自動車市場にはさまざまな車種が流通していますが、新車は最新技術の下で開発されているものであり、事故の発生リスクも低くなっていると考えられています。
そのため、古い車よりも新車の方を保険会社としては優遇しており、新車割引と導入しています。
但し、保険会社ごとに新車割引の割引率や対象車種が異なっているほか、新車割引を用意していない保険会社もあります。
新車割引における割引率も各社によって異なっており、10%代の割引率を用意している保険会社もあれば、数%程度の割引率を導入している場合もあります。
新車割引は保険会社によって大きく異なるため、車の購入と同時に自動車保険の契約の加入・見直しを行う場合には複数の保険会社に見積もりを依頼し、保険料を比較しましょう。

いつまで新車とみなされるか

新車割引は新車を購入すれば割引の適用を受けることができますが、保険会社はいつまで新車とみなすのでしょうか。
割引率と同様に保険会社によって新車割引を適用する期間は異なっていますが、以下のようなケースが一般的です。

  • 車の初度登録から25カ月以内(多くの保険会社が25カ月を採用)
  • 車の初度登録から49か月以内

初度登録は車検証上で確認を行うことができます。
軽自動車車両であっても新車割引は適用されており、初度検査年月を申告します。
つまり、新車の購入時からおおよそ2〜4年程度は新車割引が自動車保険契約において適用され続けることになります。
なお、保険期間中に月数が経過し新車割引の対象ではなくなっても、突然割引が打ち切られることはありません。
その年の契約期間満了まで割引は適応されます。

新車ならではの割引はその他にも

新車には高性能の機能が導入されており、新車割引以外にも新車購入後に割引が適応になる場合があります。
例として挙げると、「エコカー割引」や「ASV割引」と呼ばれるものです。
購入車両によってはお得な割引が得られますので確認しましょう。

1.エコカー割引とは
新車が電気自動車やハイブリット車である場合、環境に優しい車としてエコカー割引が適用される場合があります。

2.ASV割引とは
ASVとは近年多くの新車に導入されている「自動ブレーキシステム」のことです。
購入した新車に自動ブレーキシステムが導入されている場合、保険会社によっては新車割引とは別に自動ブレーキ割引が適用される場合があります。
(但し、対象車両には制限があります)