自動車保険STATION

年間走行距離

年間走行距離とは

年間走行距離とは、自動車保険に加入する際に申告する必要がある「1年間における走行距離」を意味します。
自動車保険に加入する際には過去1年分の年間走行距離を申告する必要があります。
また、本年度の自動車保険を決めるために、本年度の年間走行距離予定も申告します。

年間走行距離とは、1年間に走行する距離を指す用語です。
自動車保険に加入する際には、契約する車両について年間どのぐらいの距離を走行しているのか、という質問に答える必要があります。
走行距離が多ければ多いほど、事故のリスクは高いと考えます。
一方で、年間走行距離が少ない場合には、車に乗る頻度が低いため事故リスクは低い、と考えます。

自動車保険は事故のリスクの高低によって保険料が増減しており、年間走行距離も確認して保険料を算出しています。

年間走行距離はどうやってわかるのか

年間走行距離を調べる際には、「オドメーター」を使います。
オドメーターとは自動車の運転席にあり、積算走行距離を測定するものです。
一般的には速度計と合算して設計されているのでご確認ください。
速度計部分にはオドメーターの他にトリップメーターも搭載されていることが多いですが、トリップメーターは旅行などの際に活用する区間走行距離を測るためにあります。
年間走行距離ではないため注意しましょう。
車種によってはボタンで切り替えることでオドメーターとトリップメーターが切り替わります。

自動車保険の加入・継続時にはオドメーターを確認した日も申告する必要があります。
例としてあるネット損保は、自動車保険の継続時に「過去1年間の年間走行距離」と「前年度に申告した年間走行距離予定」を元に今年度の保険料を算出します。
確認した日
も年間走行距離を正しく把握するために必要とされています。

年間走行距離予定はどう申告するべきか

毎年似たような距離を走行している場合は申告しやすいですが、年間走行距離予定を申告する際にはどのぐらいの距離を予定しているのか悩ましいでしょう。
虚偽の申告にならないためにも、できる限り正しい申告を行う必要があります。
そこで、年間走行距離予定に悩んだら、下記を目安に申告しましょう。

  • 日常やレジャー使いなら3,000キロ以下が一般的
  • 通勤・通学に使用なら3,000キロ〜5,000キロ
  • お出かけ頻度が多いなら5,000〜10,000キロ
  • 通勤・通学距離が多い、業務使用なら10,000キロもしくは15,000キロ以上

保険会社にもよりますが年間走行距離は自分で距離を申告するのではなく、保険会社が容易した区分から選択することも多くなっています。
選択する際には上記を目安にお使いください。

申告不要なケースとは

自動車保険を契約する際には過去1年分の年間走行距離の申告を求められますが、申告が不要なケースもあります。
中断証明書を利用して新規加入をする場合や、初めて自動車保険に加入をする場合は前年度に走行距離が無いため申告する必要はありません。