自動車保険STATION

ゴールド免許と自動車保険の関係性

メリットが大きい自動車保険のインターネット契約。心配に感じる点も含め、解説します。

自動車保険の加入の際に、色んな保険商品の広告や資料を眺めていると「ゴールド免許割引」という表示が目につきます。
自動車保険の保険料を大きく決定付けるのは等級制度ですが、ゴールド免許割引も保険料に影響しています。
保険会社や共済は様々な割引を行っていますが、ゴールド免許割引はとても多くの保険会社が導入しています。ゴールド免許とは、5年間無事故・無違反を貫いた優良なドライバーの証ですから、事故リスクが低いとみなせるのです。免許証の有効期限欄がゴールド色になっていますので、自分の免許証の色が分からない場合は表面の有効期限欄を確認しましょう。
なお、免許取得時はグリーン、初回の更新時はブルー、その後違反があればブルーが継続します。ゴールドになる軽微な違反もありますが、自動車保険料が安くなると知ると、ゴールド免許を目指す意欲も増すのではないでしょうか。
ブルーは免許証の次回更新まで3年ですが、ゴールドは5年間と長く自動車保険だけではないメリットがあります。無事故・無違反の運転を心がけましょう。
強制保険である自賠責保険には等級制度やゴールド免許割引はなく、保険料はどの保険会社を経由しても同じです。
しかし任意保険には優良ドライバーには手厚い割引が実施されています。ゴールド免許割引は「記名被保険者」の免許証の色が適用されます。契約者と記名被保険者に違いがある場合は契約者の免許証の色ではないので注意しましょう。例としてよく見られるのは、契約者がゴールド免許のご父兄、記名被保険者はブルー免許の子であるケースです。
この場合、あくまでも記名被保険者は子になりますから、ゴールド免許割引は適用されません。 ゴールド免許割引の割引率は保険会社によって異なっています。ブルー、グリーンの区分も設けている保険会社もあれば、ゴールドとゴールド以外で分けている保険会社もあります。ゴールド免許の有無は自動車保険料を左右するポイントの一つですので、きちんと申告しましょう。

ゴールド免許の適用タイミング

自動車保険のゴールド免許割引の適用には、免許の取得のタイミングと保険の更新のタイミングの関係を知っておく必要性があります。
ゴールド免許割引は、保険期間の始期日にゴールド免許であると適用されます。保険期間の途中でゴールド免許に更新しても、次年度の契約まで割引は適用されません。
しかし、次年度に契約の見直しをしておかないとうっかりブルーのままになるケースもあるので注意しましょう。
一方で、ゴールド免許割引の契約で自動車保険を契約し、保険期間の途中でブルー免許に更新しても、そのまま次回の更新まで割引は適用されます。保険料の割増を請求されることはないので、ご安心ください。
保険期間の途中で様々な契約内容を異動と呼び、変更をすることが可能です。その中で運転する方を変更する記名被保険者の変更も良く起きる異動です。
この際、ブルー免許の記名被保険者からゴールド免許の記名被保険者へ異動する場合はゴールド免許割引が適用されます。また、ゴールド免許の方からブルー免許の方へ記名被保険者を変更するとゴールド免許割引は使えなくなります。記名被保険者を変更するときは、必ず免許証の色を確認し、正しく申告しましょう。

自動車保険の更新後すぐにゴールド免許になる場合

ゴールド免許割引が適用になるタイミングを説明いたしましたが、良くある問題に「ゴールド免許の更新が目前なのに、保険の更新時期が先に来てしまったら」、があります。
運転免許証の取得と自動車保険の加入がおおよそ揃っている場合によく起きやすい問題です。
運転免許証の更新のタイミングと自動車保険の更新のタイミングが重なってしまい、せっかくのゴールド免許割引が使えない、と嘆く方がおられます。
しかし、そんな優良ドライバーの方には「みなし規定」をほとんどの保険会社が導入しています。
この規定は運転免許証の更新が前後1か月以内に次年度の保険契約の始期日がある場合、次の更新の色がゴールドなら早めて適用することが出来る制度です。
次の更新がブルー、現在所有している運転免許証がゴールドであればゴールドを適用することも出来ます。お得な方を適用して良い仕組みなのです。
運転免許証の更新を保険の始期日に合わせるのは仕事や学業などで難しい場合があるので、このような規定が導入されています。

どうしてゴールド免許割引は優遇されるの?

自動車保険の中で代表的な割引であるゴールド免許割引ですが、どうしてブルーやグリーンの免許証の方よりも優遇されるようなしくみになっているのでしょうか。
自動車保険は免許証の色、等級、事故件数のカウントなど、事故が少なければ少ないほど優遇するような仕組みになっています。
強制保険であり法律で定められている自賠責保険とは異なり、任意保険は各保険会社や共済が独自に自動車保険料を決め、事故の際には損害調査から支払いまでを行っています。
保険会社としては、優良なドライバーの顧客が多ければ多いほど事故支払いのリスクを減らせます。
また、任意の保険ですから、事故リスクが高い方と低い方で公平性が偏らないように自動車保険料に差異を設けているのです。

監修:岩田あき

経歴:大手損害保険会社に勤務後、弁護士事務所で秘書として交通事故訴訟の調査に従事