自動車保険STATION

自動車保険の補償の重複とは?

自動車保険は1つの決められたパターンで販売されているのではなく、基本補償と言える対人・対物といった相手方への補償の他に、自身やご家族のケガをカバーする人身傷害保険、車両を守るための車両保険などをご自身で組み合わせることで完成します。
自動車保険の補償内容を充実させるためには「特約」というオプションを付帯することがおすすめされています。
しかし、魅力的な補償内容であっても重複してしまっては保険料の二重払いになってしまいます。

どんな時に補償の重複が起きやすいのか

自動車保険は等級や事故件数などについては各社が情報を共有していますが、どこの保険会社でどんな特約を付帯しているかまでは情報を共有していません。
加えて、家族がどのような補償内容の保険に加入しているのか知らないと、補償内容の重複が起きる可能性があります。
では、どんな時に補償の重複は起きるのでしょうか。
まず、よくあるケースとしては「記名被保険者とそのご家族で、2台以上のお車をお持ちの場合」です。
自動車保険は車両単位で加入するため、2台以上お持ちなら自動車保険が少なくとも2契約以上あることになります(※フリート契約除く)すると、補償内容が重複しやすくなり、二重に保険料を支払ってしまう可能性が高くなるのです。
また、傷害保険や火災保険など他種目の保険でも主に特約部分で重複する場合があります。

どんな特約が重複しやすいのか

では、どんな特約が重複しやすいのでしょうか。下記でいくつかの例をご紹介します。

  • 弁護士費用特約
  • 弁護士費用特約は保険会社にもよりますが付帯すると記名被保険者だけではなく、ご家族に関しても補償できることがあります。
    近年付帯率が好調の特約の1つです。同様の内容の弁護士費用特約を他社で付帯すると、補償内容が重複するため二重払いになります。
    家族間で特約の情報は共有しておきましょう。

  • 個人賠償特約
  • 個人賠償特約とは、うっかり発生してしまいがちな日常のトラブルにおいて、賠償責任が発生した際に保険金が支払われる特約です。
    例として、子どもがサッカー中に隣家の窓ガラスを割ってしまった、等の事案が該当します。支払い限度額が無制限の場合もあり、充実した補償内容です。
    しかし、近年義務化が進んでいる自転車保険にも同様の内容が付帯されている場合があります。
    弁護士費用特約と同様に別の家族の車両にも個人賠償特約が付帯されている可能性があります。
    トラブル時に二重に保険金が支払われることはありませんので、重複が無いように注意しましょう。

    特に人身傷害保険は重複の注意を

    ケガをしっかりカバーするためには人身傷害保険への加入がおすすめですが、重複しやすいため注意が必要です。
    「一般タイプ」と呼ばれる車内および車外の双方のリスクをカバーする補償内容ですが、他のご家族も一般タイプに加入していると重複しやすくなります。
    人身傷害保険の補償は対象者が広く、「記名被保険者とその家族、契約車両に乗っている人」が対象ですので、注意しましょう。